読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将来の土木技術者を育成するための「橋守」活動サポート事業

平成28年度「備中県民局協働事業提案募集」制度採択事業

①「橋守」補修現場見学会

f:id:tececo:20170304135034j:plain

平成29年1月12日に備中県民局内で「県庁の仕事」や「橋の基礎知識」などの講習を、笠岡工業高校生環境土木科1年生40名に受けてもらいました。

f:id:tececo:20170304141602j:plain

実際の補修工事を行っている「川辺橋(倉敷市真備~総社市清音)」を見学しました。

寒い中、県民局建設部の職員及びNPOのメンバーから補修工事について、説明を受けました。

f:id:tececo:20170304142805j:plain

学生の「ハンマー打音調査」の実習です。

実際に、ハンマーでコンクリート床版をたたいて、異音がしないか?

異なった音がしたら、クラックを疑います。

f:id:tececo:20170304143421j:plain

「川辺橋(歩道橋)」は昭和8年に竣工した、ポニーワーレントラス橋です。

竣工の翌年に、室戸台風によって県内の多くの橋梁が被害を受けましたが、川辺橋は被害を免れました。その後県内の各地に架けられた室戸台風復興橋の参考とされました。

 

f:id:tececo:20170304144846j:plain

閉会挨拶

備中県民局建設部建設企画課総括副参事より”就職時の2年後、6年後(大学進学後)に一緒に働けることを期待します”との挨拶の言葉をもらいました。

f:id:tececo:20170304150216j:plainf:id:tececo:20170304150357j:plain

最後に学生代表より、”今回の見学会を見て学んだことを、将来の進路決定に生かしていきたい”との謝辞の言葉を受け、閉会しました。